• ホーム
  • 性病の感染に気づいた時にすること

性病の感染に気づいた時にすること

悩んでいる男性

性病の感染に気づいた時には、真っ先に病院で検査を受けて治療を開始するようにしましょう。
そして、次に特定のパートナーが居る場合には性病に感染したことを伝えてパートナーにも感染をしていないか、確認をしてもらうことが大切です。
特定の相手がいないという場合には、治療をしている間は性行為を避け治療に専念をすることが大切です。

まず、すぐに病院に行って検査をしなければならない理由としては、性病は自然に治ることがない病気であるためです。
感染に気付いてもそのまま自然に治ることはありませんから、病院で検査を受けてどのような病気に感染しているかを確認しそこから適切な治療を受ける必要があります。
パートナーが居る場合にはパートナーに感染している可能性がありますし、感染している場合には同時に治療をしなければ直ったと思っても再度移されてしまうことになりますから、同時に治療をする必要があります。

そして、性病に感染している状況で性行為をすれば感染を拡大させてしまうことになりますから、性行為は避けなければなりません。
感染を拡大させてしまうという以外にも、性病に感染している状態では他の性病も移りやすくなってしまっている状態です。
治療中に別の性病になってしまって治療が何時までたっても終わらないということもあるので性行為は避けないといけないのです。
性病というのは放っておいたりすると不妊の元になってしまったり、他の人にも迷惑をかけてしまう恐れのあるものなので、感染したと気づいた時にはとにかくできるだけ早い段階で治療をしなければなりません。
早めに治療を開始すれば、治りも早くなりますから気づいた時点で病院に行くようにしましょう。

関連記事